こまえアレルギーの会

東京都狛江市

 2019年 第34回中央公民館のつどい

   〜子どもとつどおう〜

参加報告書

主催:中央公民館

 開催期間:36日から310

 参加日時:2019年3月6日(水)

午前:10時半から13

場所:中央公民館 料理実習室

午後:13時:30分から17

場所:中央公民館 講座室

 


こまえアレルギーの会は狛江市中央公民館のつどいに参加しました。

*午前中:特定原材料7品目不使用のパンケーキを作ろう!

特定原材料とは、アレルギーを起こしやすい、症状が重くなることが多く生命にかかわるとして必ず表示しなくてはならない原材料を「特定原材料」と言います。

特定原材料として規定されているものは、卵・乳・小麦・えび・かに・そば・落花生の7品目です。

 f:id:Komae-allergy:20190317165020j:plain 

今回のパンケーキのレシピ

材料:大豆粉と米粉のパンケーキミックス(みたけ食品) 1袋

豆乳 180ml〜200ml

          レモン汁 大さじ1杯

   油 適量

作り方:

  • 豆乳を計量カップで測りボールに入れる
  • レモン汁を①に大さじ1杯入れる
  • 泡立て器でかき混ぜ豆乳が細かく泡立つように空気を入れるようにかき混ぜる
  • パンケーキミックスを③に数回に分けて入れ泡を潰さないように切るように混ぜあわせる
  • 生地が硬いようなら豆乳を少量つけたし硬さを調整する
  • フライペンに油をしき、おたまで生地をフライパンに丸く流し入れ約3分焼く
  • プツプツと小さな泡が出始めたらフライ返しで裏返し約2分焼く
  • 楊枝に生地がついてこなければ焼き上がり、お皿に移す
  • 好みのシロップなどかけ食べる

参加してくれた小学校1年生の男の子のお母さん、「今日はこのイベントを知って学校を休んできました!」と会場に入って来るなり意気込むお母さん。

狛江市に食物アレルギー対応のイベントを待ち望んでいたことをお話ししてくださいました。

普段の食事に変化がなく、マンネリ化から子どもには食事が生きることとして義務的に食べさせてしまっている。食事を楽しむなどは程遠い日々であったことを私たちに話してくださいました。

商品のパッケージの作り方に食べられないものが書いてあると今まで諦めてしまっていた。工夫次第ではできるだろうけれど、失敗を繰り返して疲れているようでした。このイベントで、美味しくできる料理を学べたことにとても嬉しいとお母さんからの喜びの声をいただきました。

先ず、男の子と一緒に表示を見ながら自分の食べられないものがないかを確認できました。

豆乳は、大豆固形分が大きい数字を選ぶといいよというアドバイス(今回は10%)もしっかりと聞いてお母さんにも教えてあげることができました。

自分で作った安心して食べられるパンケーキを一口食べた男の子の笑顔と男の子を見ているお母さんの笑顔がとても印象的でした。

f:id:Komae-allergy:20190317162937j:plain  f:id:Komae-allergy:20190317163046j:plain

生まれて初めて安心して美味しいパンケーキを食べた瞬間です。結局、5枚ぐらいペロリと平らげてしまいました。

*午後:試食・交流会

第一パンのFAHANとキッセイ薬品のえねぱくゼリー(トロピカルフルーツ、りんご、白ぶどう味)を試食しました。

○FAHAN:国産米粉100%、特定原材料7品目不使用(工場持ち込みなし)

GOOD DESIGN AWARD  2018年度受賞

f:id:Komae-allergy:20190317164757j:plain

FAHANは、冷凍で届けられ自然解凍(2時間から3時間)でふんわりとした食感の美味しい状態になります。給食の代替えで米粉製のパンはこれまで温めることが必要なものが多いのですが、FAHANは自然解凍で美味しく食べられることに特徴があります。

○えねぱくゼリー:エネルギーとたんぱく質補給できるデザート

f:id:Komae-allergy:20190317164859j:plain

特定原材料及びそれに準ずるもの

・トロピカルフルーツ:ゼラチン

・りんご:ゼラチン・りんご

・白ぶどう:ゼラチン

えねぱくゼリーは、通常のゼリーに比べエネルギー(125kcal)が大きく、たんぱく質が5.0g摂取できることに注目しました。

食物アレルギーであると、カロリーが控えめになってしまいがちで、たんぱく質の補給も意識をして調理をしないと控えめになってしまう場合があります。給食の代替えなどでの栄養摂取量を考えると、通常給食のようにはいかない時があり、代替え給食の際の栄養補給のご提案として試食をしていただきました。

今回は、アレルギーのない方にも試食をしていただきました。

感想として、ほとんどの方が普段食べている小麦粉製のパンと変わらない美味しさに驚いていました。袋に入っていて安全なこと、自然解凍で給食や外食などで安心して食べられることに共感していただけました。

たくさんの方に手に取ってもらい需要を増やすことで安くなるといいなという声もありました。

 目の見えない方の来場もありました。障がい者の中にもアレルギーを持つ人がおり、目が見えないとなると表示がわからないことで苦労があるというお話を聞きました。

目の見えない方の指の力がなく袋を開けるときにはお手伝いが必要でした。手でパンのさわり心地や香りが小麦粉製のパンと変わりなく、食べても言われなければ米粉製のパンとは気づかないと、とても感心していました。

福祉施設の方の来場もありました。個々の対応に苦慮されていること、商品の情報を得られることはとても良かったと話されていました。

 えねぱくゼリーは上蓋を剥がすときに液が溢れてこない工夫かされていることが、手や机を汚して拭く手間などなくなり、とても良いものだと思いました。

 フルーツの味がしっかりとしており、美味しく楽しみもあるデザートで、エネルギーやたんぱく質補給ができることに感心していました。

健常者にアレルギー疾患者の栄養の補給の違いなど苦労していることを伝えることができました。

試食しながら、お子様がアトピーで病院へ通われているお母さんとお話をしました。病院をいくつかかかっており、症状によって通われる病院を変えとても苦労されているようでした。

症状にあう的確な薬の処方を望みたいけれど、処方される薬が強かったり弱かったりコントロールが難しいとも話していました。

 ハンドクリームの正しい塗り方を一緒にやりました。FTU(フィンガーチップユニット)※で肌にバリアを作り、外部からの刺激を軽減しアレルギー予防にも繋がる方法です。処方された薬も同じようにたっぷりと塗るということをお伝えしました。処方された薬はもっとしっかりと塗っていると聞いてそのお母さんの頑張りがとても伝わる場面でした。

※maruho外用薬の上手な使い方

http://www.maruho.co.jp/kanja/atopic/external/

○アンケートに頂いたご感想の紹介

・避難所などでは、他の方の食べられないものや食べる環境を考えなくてはと改めて思いました。

・いろんな立場の人がお互いに分かり合えて助け合えたら良いなぁと思います。

・学校の道徳で積極的に取り上げた方が良いと思います。

・安心して食べられることの幸せ、しかも美味しく食べられることはとても大切だと思いました。

学校給食などに取り入れてほしいと思う。

もっと多くの人にアレルギーについて知って理解してもらいたい。

 

ご協力いただいた企業様へ

昨年11月に設立しまだ規模も小さなアレルギーの会に、ご厚意に商品をご提供くださり感謝申し挙げます。

アレルギー疾患者の生活環境の質の向上に今後も患者の会としてお手伝いして行きたいと思います。

協賛企業名(50音順)

キッセイ薬品工業株式会社

キッセイヘルスケア ネットショップ/商品一覧ページ 

第一屋製パン株式会社

【FAHAN】 グルテンフリー 米粉パン 通販|第一パン

みたけ食品工業 株式会社

みたけオンラインショッピング

 

 

こまえアレルギーの会

代表 早坂 織香